head_img

「入門ゼミナール1」アクティブラーニング

◆2015.7.22 1年次生が「入門ゼミナール1」の授業の中で、アクティブラーニングを行いました。
 アクティブラーニングは「能動的な学習」と言われるもので、主体的に考える力を養います。1年次生は与えられた課題を解決するために、まず自ら考え、次いでグループの仲間と協力しながらみんなの考えをまとめ、それを発表し、さらに内容の修正を行い再度発表しました。アクティブラーニングを行うことで、東海大学が掲げる4つの力「自ら考える力」「集い力」「挑み力」「成し遂げ力」を育みます。

Active2015

 1週目:課題に対して個人の知識を整理する

Active2015

 2週目:コンピュータを使い個人の知識を増やす

Active2015

 3週目:グループで知識・考えをまとめる

Active2015

 4週目:グループで発表内容を画用紙に書く

Active2015

 5週目:中間発表を行い、質問を受ける君

Active2015

 6週目:質問の答えを反映した内容の追加を準備する

Active2015

7週目:最終発表を行う

Active2015

 8週目:アクティブラーニングの振り返りを行う。