head_img

付属相模高校「理工系体験学習」

◆2015.9.10 桑畑周司講師ほか大学院生三名が付属相模高校の1年生に電気電子技術を説明しました。
 9月10日(木)に、東海大学付属相模高等学校の1年生対象に「理工系体験学習」が湘南校舎で行われました。電気電子工学科では、桑畑周司講師が「電気電子技術を体験しよう」と題して説明を行い、その後、大学院生の宮田弘志君がIHクッキングヒーターについて、山口健志君が光ファイバー通信について、内田雅人君がペルチエ素子(熱電変換素子)について説明を行いました。
 この体験学習は、高校1年生の生徒さんに大学の授業を体験してもらい、将来の進学・進路について考えるきっかけとなるよう企画されたものです。

kuwahata2015

電気電子技術について説明する桑畑講師

kuwahata2015

IHクッキングヒーターについて説明する宮田君

kuwahata2015

光ファイバー通信について説明する山口君

kuwahata2015

ペルチエ素子について説明する内田君


ページトップに戻る