ダイヤモンド半導体
その他

Topics 2017 (backnumber 2016, 2015, 2014, 2013, 2012, 2011, 2010, 2009, 2008, 2007, 2006, 2005, 2004)

NEW
2018年2月24日(土)8:50〜17:30、日本エネルギー学会・東海大学チャレンジセンターが主催する「平成30年電気自動車・燃料電池車・ソーラーカー製作講習会」が、東海大学代々木キャンパス4号館講堂で開催される予定です。

NEW
2017年12月25日(月)19:30〜20:43(変更の可能性あり)、NHK総合「凄ワザ!スペシャル」でBridgestone World Solar Challengeに出場した日本チームが紹介され、その中で東海大学ソーラーカーチームについても取り上げられる予定です。

NEW
2017年12月13日(水)18:00〜19:00、小田急線東海大学前駅ロータリーにある東海大学地域連携センター「TOKAIクロスクエア」の地域連携講座として「ブリヂストン・ワールド・ソーラー・チャレンジ2017参戦報告」が開催され木村英樹教授が登場します。(秦野市・平塚市・伊勢原市・大磯町に在住・在勤・在学する方が対象となります)

NEW
2017年12月7日(木)〜9日(土)、環境とエネルギーの未来展「エコプロ2017」が東京ビッグサイトで開催され、2017年型ソーラーカー「Tokai Challenger」を出展する計画です。

NEW
2017年12月1日(金)7:20頃〜、TOKYO FMが制作し、JFN38局ネットで放送する朝のニュースプログラム「クロノス」に、木村英樹教授がスタジオ生出演する予定です。

NEW
2017年11月26日(日)19:00〜21:00、Bridgestone World Solar Challenge 2017に出場した東海大学ソーラーカーチームについて取材された「オーストラリア縦断3000キロ 過酷!ソーラーカーレース 日本の知恵と技術の結晶で挑む」の2時間特別番組がBSジャパンによって放映される予定です。(変更される場合があります)

NEW
2017年11月25日(土)、文部科学省地(知)の拠点整備事業として行われているTo-Collaboプログラムのエコ・コンシャス計画エネルギーハーベスト事業の一環として東海大学熊本キャンパスで「創エネ・省エネ技術の最先端 〜考えよう私たちのエネルギー〜」が開催されます。木村英樹教授は「東海大学ソーラーカーの技術開発と応用分野」というテーマで講演を行うとともに、パネルディスカッション「「次世代のエネルギーについて考えよう」のパネラーを務める予定です。詳細はPDFファイルをご参照ください。

NEW
2017年11月19日(日)16:30〜17:00、Bridgestone World Solar Challenge 2017に出場した東海大学ソーラーカーチームについて取材された「ソーラーカーでオーストラリア縦断!極限のレースに挑む日本の技術」の30分特別番組がBSジャパンによって放映される予定です。(変更される場合があります)

NOW
2017年11月11日(土)22:00〜23:00、BSジャパンが制作する「マゼランの遺伝子」という番組で東海大学が取り上げられ、ソーラーカーとサウジ留学生とともに木村英樹教授が登場しました。

NOW
2017年11月1日(水)〜3日(金)、東海大学湘南キャンパスで開催される建学祭に、大正製薬リポビタンDのTVCMに登場したソーラーカー「Tokai Challenger」を8号館前に出展しました。3日はホームカミングデーに合わせ総合体育館前で展示を行いました。

NOW
2017年10月27日(金)、平成29年度日本太陽エネルギー学会/日本風力エネルギー学会合同研究発表会がアオーレ長岡で開催され、大学院生の石部晶央さんが「熱音響機関用リニア発電機の磁石配置」、前田朋也さんが「ソーラーカーのルーフ面形状による空力及び発電性能の検討」というテーマで発表を行いました。

NOW
2017年10月21日(土)10:00〜17:00、「TOKAIグローカルフェスタ2017」が東海大学湘南キャンパスで開催され、ソーラーカーの展示や、学生による報告などが行われました。

NOW
2017年10月12日(木)、オーストラリア大陸3,000kmを縦断する「Bridgestone World Solar Challenge 2017」に、新型ソーラーカー「2017 Tokai Challenger」を開発し・参戦しました。学校法人東海大学建学75周年記念行事ということで、優勝を目指しまましたが総合4位となりました。東海大学BWSC特設ページブリヂストン・ワールド・ソーラー・チャレンジ特設サイト

2017年9月20日(水)、NHK WORLDのSAMURAI WHEELSという番組で、新型ソーラーカーが紹介されました。番組WEBサイトでも視聴することができ、動画の後半に登場しました。

2017年9月19日(火)、東海大学後援会高知支部総会が高知会館で開催され、木村英樹教授が講演を行いました。

2017年9月15日(金)、三栄書房が発行するMOTOR FAN Illusrated Vol. 132のテクレポで、新型ソーラーカーTokai Challengerが取り上げられました。

2017年9月3日(日)13:30〜14:30、東海大学同窓会相模支部総会がホテルラポール仙寿閣で開催され、木村英樹教授が講演を行いました。

2017年9月2日(土)、栃木県那須塩原市にあるブリヂストン・プルービンググランドで、2017年型ソーラーカーTokai Challengerの公開テスト走行を実施しました。日刊工業新聞CAR WATCH日経BP大学記事

2017年8月29日(火)15:00、BWSC2017の参戦体制についてWEBページを公開しました。(10月1日更新)

2017年8月29日(火)13:00〜、東海大学湘南キャンパスにおいて2017ブリヂストン・ワールド・ソーラー・チャレンジに参戦する新型ソーラーカーならびに参戦体制について記者発表会が開催され、木村英樹教授が総監督として登壇しました。@IT MONOistCAR WatchMotor Fan日刊工業新聞毎日新聞SankeiBIZ朝日新聞エネクトニュース自動車タイヤ新聞タウンニュースなどで報道されました。大学記事

2017年8月7日(月)、秋田県南秋田郡大潟村で、木村英樹教授が「大潟村が育てた電気自動車・ソーラーカーの技術と人材」というテーマで講演を行いました。

2017年7月10日(月)、日本経済新聞朝刊22面の「こえる」という企画コーナーで木村英樹教授が取り上げられました。

2017年7月10日(月)、秦野市・東海大学提携事業として秦野市立大根小学校4年生を対象とした、エコカー教室を開催しました。
 

2017年7月5日(水)〜7(金)、パシフィコ横浜で開催される「PV Japan 2017」に2015年型東海大学ソーラーカーTokai Challengerを出展しました。

2017年6月17日(土)13:00〜、東海大学同窓会東京ブロック発足25周年記念講演会・祝賀会が東海大学校友会館(霞が関ビル35階)で開催され、「東海大学ソーラーカーを支える同窓生」というテーマで木村英樹教授が講演を行いました。

2017年6月15日(木)、三栄書房が発行するモーターファン・イラストレーテッドMOTOR FAN Illustrated Vol. 129で、6月5日に行われた2017ブリヂストン・ワールド・ソーラー・チャレンジに関する記者会見の模様が紹介されました。

2017年6月5日(月)、「30周年を迎える世界最高峰のソーラーカーレース 「2017 Bridgestone World Solar Challenge」メディア様向けイベント」 がコンペティションルームAP東京 八重洲通り 13階A室で開催され、木村英樹総監督が「ソーラーカー開発の意義」などについて説明を行ないました。PC WATCHレスポンス乗りものニュース日本経済新聞MONOist大学記事
 

2017年5月27日(土)〜28日(土)、ルボラン・カーズミート2017が横浜の赤レンガ倉庫で開催され、ブリヂストンブースにソーラーカー「2015 Tokai Challenger」を出展しました。横浜・赤レンガ倉庫で展示中!「ブリヂストンワールドソーラーチャレンジ」への意気込みを東海大学チームに聞く」「横浜・赤レンガ倉庫で展示中!ブリヂストンはなぜ「ワールドソーラーチャレンジ」を応援するのか?」

2017年5月5日(金)〜6日(土)、秋田県大潟村ソーラースポーツラインで開催される「2017ワールド・エコノ・ムーブ」に、フレッシュメンバーが出場しました。
 

2017年4月30日(日)、モーターファンフェスタが富士スピードウェイで開催され、2013年型ソーラーカーTokai Challengerが展示およびデモランを行いました。「シューマッハのF1も登場! モーターファンフェスタ2017 in富士スピードウェイ」
 

2017年4月22日(土)9:00〜17:00、工学部電気電子工学科1年次生を対象とした新入生研修会が、お台場で開催されました。

2017年4月8日(土)22:00〜22:54、BS日テレで「おぎやはぎの愛車遍歴」で、本学OBでラリードライバーの篠塚建次郎氏が取り上げられ、その一部で2011年型ソーラーカーTokai Challengerが登場しました。

2017年4月1日(土)、木村英樹教授が東海大学現代教養センター所長に就任しました。工学部電気電子工学科の研究室が9号館2階から19号館10階へ移動しました。

2017年3月27日(月)10:00〜11:00、日本原子力学会の2017年春の年会が東海大学湘南校舎で開催され、木村英樹教授がL会場=16号館16-503教室で「東海大学ソーラーカーの技術と活動」というテーマで特別講演(無料公開)を行いました。

2017年3月、神奈川県政策研究・大学連携センター機関誌「かながわ政策研究・大学連携ジャーナル」第11号の、特集「大学・大学生のボランティアの力」の中で、木村英樹チャレンジセンター長が執筆した「東海大学チャレンジセンターの教育とボランティア活動」という記事が掲載されました。

2017年3月15日(水)、三栄書房が発行するMotor Fan Illustrated Vol. 126の誌上で行われたMFiテクノロジーアワード2017において、木村英樹教授が審査委員を担当しました。

2017年3月15日(水)、イノベーションをエネルギーという視点で読み解くことで未来を考える「EMIRA」のトップランナーというコーナーで、「4000kmを走破!究極のエコカーで世界を制す」というテーマで木村英樹教授が取り上げられました。

2017年3月3日(土)13:00〜16:30、東海大学チャレンジセンター・ライトパワープロジェクトが主催する、。地域の小学生を対象とした「キッズチャレンジ」が開催され、ものつくりを通してソーラーカーの魅力と作ることの楽しさを知ってもらいました。大学記事

2017年2月25日(土)、平成29年電気自動車・燃料電池車・ソーラーカー製作講習会(西日本)が芦屋大学国際会議場で開催されました。詳細とお申し込みはコチラ
講習タイトルと講師
・「人力最高速度チャレンジ用自転車の開発」 池上敦哉(ZDP, KYBモーターサイクルサスペンション)
・「バッテリ・モータの考え方とエボルタチャレンジへの応用」 木村英樹(東海大学)
・「Team宮工が作る競技用エコ電気自動車」 山本智弘(宮崎県立宮崎工業高等学校)
・「それゆけ☆みかん号クラス優勝の軌跡」 請川 遼・坂田尚紀(和歌山大学ソーラーカーPJ)
・「空力設計および空力シミュレーションの基礎」 福田紘大(東海大学)

2017年2月22日(水)、集英社の週プレNEWSで「美人すぎるタクシー運転手・生田佳那が世界を目指すソーラーカーに乗ってみた!」という記事が掲載されました。

2017年2月20日(月)〜22日(水)、東海大学チャレンジセンター「3.11生活復興支援プロジェクト」が建設した宮城県石巻市小指地区にある小指観音堂(旧どんぐりハウス)に、ソーラーカーチームと木村英樹教授が自立型太陽光発電システムを設置しました。

2017年2月19日(日)14:30〜18:00、ホテルメトロポリタン仙台で開催される東海大学校友会宮城支部賀詞交歓会に、木村英樹教授、園田由紀子講師と3.11生活復興支援プロジェクト、ライトパワープロジェクト、気仙沼シャークプロジェクトの学生が出席しました。

2017年2月18日(土) 8:50〜17:40、平成29年電気自動車・燃料電池車・ソーラーカー製作講習会(東日本)が東海大学代々木キャンパス4号館講堂で開催されました。詳細とお申し込みはコチラ
講習タイトルと講師
・「人力最高速度チャレンジ用自転車の開発」 池上敦哉(ZDP, KYBモーターサイクルサスペンション)
・「KAIT SpiritにおけるテレメトリとBMSの開発事例」 須藤康裕・藤澤 徹(神奈川工科大学)
・「KV-BIKEへの挑戦」 磯村 翼(ミツバ)
・「WEM車両"MONO-F"の品質」 新井英行(PROJECT MONO◇TTDC)
・「オリンピアクラス専用車両"FREEDOM"の開発2」 山本晴彦(TEAM RED ZONE)
・「バッテリ・モータの考え方とエボルタチャレンジへの応用」 木村英樹(東海大学)

2017年2月13日(月)13:00〜17:00、東海大学To-Collaboプログラム「大学推進プロジェクト」 エネルギー・ハーベスト事業シンポジウムとして、「創エネ・省エネ技術の最先端〜考えようあなたのエネルギー〜」が、平塚駅南口平塚プレジール5階高砂の間で開催され、木村英樹教授が「世界最先端のソーラーカー技術」というテーマで講演しました。詳細はPDFファイルをご覧下さい。

2017年2月9日(木)、学校法人望星学塾が発行する「無限 第286号」で、2016年12月17日(土)に行われた「東海大学ソーラーカーの挑戦」の概要が掲載されました。PDF版はコチラ

2016年12月17日(土)14:00〜15:30、東海大学望星学塾「望星講座」にて、ソーラーカーについての講演会と実車展示が行われました。

2016年12月3日(土)、文部科学省 地(知)の拠点整備事業として「TOKAIグローカルフェスタ2016」が東海大学湘南キャンパスで開催され、ソーラーカー2015 Tokai Challengerが14号館で展示され、2013 Tokai Challengerが1号館前で展示&デモ走行を行いました。大学記事。また、木村英樹教授が避難訓練として3号館7階からはしご車で救助されました。

2016年11月24日(木)〜25日(土)、「平成28年度日本太陽エネルギー学会JSES・日本風力エネルギー学会JWEA合同研究発表会」が、愛媛県 松山市総合コミュニティセンターで11月24日〜25日にかけて開催され、木村研究室からは3件の発表を行いました。

2016年11月19日(土)9:30〜12:00、秦野市が主催する全7回の「ふるさと講座」の中で、木村英樹教授が「東海大学ソーラーカーチームの挑戦」というテーマで講演しました。当日はソーラーカーの実物見学も行われました。

2016年11月18日(金)、集英社の週プレNEWSで「世界トップのソーラーカーチームを直撃!自分たちの活動が未来を変える!」という記事が掲載されました。

2016年11月14日(月)〜18日(金)10:00〜17:00、「サソール・ソーラー・チャレンジ2016参戦 記録写真・映像展」が東海大学サテライトオフィス地域連携センターで開催されました。18日(金)18:00〜19:30には、「ソーラーカーレースを終えて」というテーマで学生代表の横井泰之さんが報告会を行いました。

2016年11月12日(土)10:00〜15:00、平成28年度東海大学同窓会愛知支部総会・記念講演会が開催され、木村英樹教授が講演を行いました。

2016年11月11日(金)、電池の日にちなんで、電波新聞にエボルタチャレンジの全面広告が掲載されました。女性セブン、女性自身、週刊女性、日経トレンディ、DIME、週刊SPA!、GetNavi!、MONOマガジンなどでも取り上げられました。

2016年11月8日(火)、カザフスタン共和国のヌルスルタン・ナザルバエフ大統領が東海大学名誉博士の学位を授与され、その際にソーラーカー「Tokai Challenger」を見学されました。スピーチの中で、「ソーラーカーは未来のエネルギー利用を具現化したもので、2017年7月に首都アスタナで開催される「FUTURE ENERGY EXPO 2017」に招待する」と述べられました。

一般社団法人日本太陽エネルギー学会編「太陽エネルギーがわかる本がオーム社より発行されました。この中で、木村英樹教授はChapter 6 ソーラーカーの執筆を担当しました。コチラで購入できます。

木村英樹著のくもんジュニアサイエンスシリーズ「ソーラーカーで未来を走る〜太陽がつくる自然エネルギーについて考えよう」という本がくもん出版から発行されました。書店などで購入できます。電子書籍版も登場。

東海大学チャレンジセンター編「オーストラリア縦断3000kmの挑戦〜世界最速のソーラーカー」が東海大学教育研究所より発行されました。

日本太陽エネルギー学会編「エコ電気自動車のしくみと製作」オーム社より発行。電気エコランカー、ソーラーカー、燃料電池車などの自作方法などの参考になる本です。執筆陣は、木村英樹(東海大)、池上敦哉(ヤマハ発動機)、鵜沢潔(東大)、澁谷秀樹(富士重工)、鹿野文久(小山高専)、籾井基之(本田技術研究所)、小原宏之(玉川大)。中国語版も登場しました。現在、絶版状態です。

バックナンバー
2016年のTopics
2015年のTopics
2014年のTopics
2013年のTopics
2012年のTopics
2011年のTopics
2010年のTopics
2009年のTopics

2008年のTopics
2007年のTopics
2006年のTopics
2005年のTopics
2004年のTopics

更新日 2017年11月16日

Support Wikipedia

エネルギー・環境問題や電気電子技術全般について
東海大学 工学部 電気電子工学科
木村研究室
〒259-1292 神奈川県 平塚市 北金目 4-1-1
TEL: 0463-58-1211内線 6240 FAX: 0463-50-2472 (チャレンジセンター代表)

東海大学における教養教育について
東海大学 現代教養センター
〒259-1292 神奈川県 平塚市 北金目 4-1-1
TEL: 0463-58-1211内線 4800 FAX: 0463-59-4047 (現代教養センター代表)

ソーラーカー・電気自動車について
東海大学 チャレンジセンター

〒259-1292 神奈川県 平塚市 北金目 4-1-1
TEL: 0463-50-2504直通、0463-58-1211内線 2660 FAX: 0463-50-2472