ダイヤモンド半導体
その他

Topics 2015 (backnumber 2014, 2013, 2012, 2011, 2010, 2009, 2008, 2007, 2006, 2005, 2004)

NEW
2015年10月に、オーストラリアで開催されるBridgestone World Solar Challengeに4輪の新型ソーラーカーを開発して参戦します。今回の参加チームリスト

NEW
2015年9月19日(土)10:00〜16:00、「ドリームサイエンス2015 in Shimizu」が東海大学付属 静岡翔洋高等学校・中等部で開催され、ソーラーカーTokai Challengerがデモ走行やビデオ上映などを行う予定です。

NEW
2015年9月2日(水)19:00〜、東海大学チャレンジセンター・ライトパワープロジェクト人力飛行機チームが出場した「Iwataniスペシャル鳥人間コンテスト2015」が放送されます。

NOW
2015年9月1日(月)、CQ出版社より「MOTORエレクトロニクス 2015年9月号(トランジスタ技術増刊)」の創刊に寄せて木村英樹教授が「”ものづくりへの招待” モータを巻こう、EVをつくろう、レースをしよう!」を執筆しました。また、カラー・フォト図鑑として「太陽エネルギーだけで3000km走破のスーパー・ソーラーカー”2013 Tokai Challenger”」が特集されました。

NOW
2015年8月29日(土)13:00〜16:00、東海大学湘南キャンパス松前記念館でシンポジウム「省エネ・創エネを意識した街づくり。〜考えよう私たちのエネルギー〜」を開催しました。この中で、木村英樹To-Collabo推進室長は、トコラボプログラムの概要から、家電の省エネルギー技術までを解説し閉会の挨拶を行いました。

NOW
2015年8月27日(木)13:00〜15:00、東海大学湘南キャンパス18号館で「ブリヂストン・ワールド・ソーラー・チャレンジ参戦記者説明会」を開催しました。当日の模様は、朝日新聞Car WatchResponse大学記事。リリース書庫はコチラ

NOW
2015年8月22日(土)10:00〜15:00、東海大学が主催する「第21回 東海大学 親と子の科学教室」が湘南キャンパス18号館で開催され、木村英樹To-Collabo推進室長が開会の挨拶をしました。

2015年7月31日(月)、一般社団法人日本太陽エネルギー学会が発行する学会誌「太陽エネルギーVol. 41, No.3」の巻頭言である「四季雑感」に木村英樹教授が執筆した「ソーラーカー開発最前線」が掲載されました。

2015年7月、公益社団法人応用物理学会が発行する「応物講演会新聞2015年9月13日〜16日号」の新企画「俺の履歴書」を木村英樹教授が執筆し掲載されました。

2015年7月25日(土)、東海大学チャレンジセンター・ライトワープロジェクト・人力飛行機チームTUMPAが、琵琶湖で開催される鳥人間コンテスト2015に出場しました。大会の模様は9月2日(水)19時より、読売テレビ・日本テレビ系列で全国放送される予定です。

2015年7月20日(月)、一般社団法人日本私学連盟が発行する「大学時報No. 363、2015年7月号」の小特集「日本全体に活力を生み出す私立大学の地方創生」の中で、木村英樹To-Collabo推進室長が「全国連動型地域連携「To-Collabo」」について執筆した原稿が掲載されました。上記サイトからダウンロードできます。

2015年7月18日(土)13:00〜16:00、平成27年度秦野市政出前懇談会が大根公民館で開催され、東海大学を代表して木村英樹To-Collabo推進室長が挨拶をしました。

2015年7月8日(水)、東海大学湘南キャンパスで秦野市立大根小学校4年生を対象として、ソーラーカーなどを利用したエコカー教室を実施しました。大学記事
 

2015年6月27日(月)13:30〜16:30、チャレンジセンターのチャレンジプロジェクト団体であるJapan Community Development Association(JCDA)が、東海大学湘南キャンパス松前記念館講堂において、第2回 国際協力実務研修「誰かが足りない・・・大学生はまだか?!」を開催しました。この中で、木村英樹教授(東海大学チャレンジセンター所長)が基調講演を行いパネルディスカッションに参加しました。大学記事はコチラ
拡大イメージ

2015年6月15日(月)15:30〜17:00、東海大学To-Collabpプログラム地域連携講座として「家電製品の省エネ性能を理解して環境と家計に優しくなろう〜 ソーラーカー開発の研究者が家電製品の性能を解説する 〜」が東海大学サテライトオフィス地域交流センターで開催され、木村英樹教授が講演しました。当日の模様はコチラ
拡大イメージ

2015年6月13日(土)に、「秦野市防災フォーラム2015〜みんなで守ろう。この街を。〜市民で考える防災・減災」が東海大学湘南キャンパス2号館2N101教室で開催され、木村英樹教授が挨拶をしました。当日の模様はコチラ

2015年6月2日(火)23:30〜24:00、NHK総合「NEWS WEB」の中で木村英樹教授が悪天候のために名古屋空港に着陸した有人ソーラー飛行機「SOLAR IMPULSE 2」について、技術的な困難さや世界一周の意義などを解説しました。

2015年5月30日(土)15:00〜19:00、東海大学高輪キャンパスで開催される通信工学会において、木村英樹教授が講演しました。

2015年5月22日(金)15:15〜16:15、関東地区学生生活連絡協議会講演会として「チャレンジセンターの取組とソーラーカーの活動」というテーマで、木村英樹教授(チャレンジセンター所長)が松前記念館講堂で特別講演を行いました。

2015年5月5日(祝・火)、秋田県大潟村ソーラースポーツラインで開催された「ワールド・エコノ・ムーブ・ライト」で東海大学チャレンジセンター・ライトパワープロジェクト・電気自動車チームのINAZUMA 2が初優勝しました。ファラデーマジック2は不調により18位でした。
 

2015年4月25日(土)〜16日(日)18:45〜、NHK盛岡放送局が放送するニュース645の中で、高台に移転した集落と海沿いの元集落を結ぶ道に、東海大学チャレンジセンター・3.11生活復興支援プロジェクトなどが建設した「結っ小屋」ついて木村英樹チャレンジセンター所長がコメントしました。

2015年4月16日(木)16:15〜17:15、湘南平塚ビル管理協議会が主催する創立40周年記念講演として、木村英樹教授が「ソーラーカーで未来を走る −太陽がつくる自然エネルギーについて考える−」というテーマで、ラスカ平塚6階ラスカホールで講演する予定です。入場無料。

2015年4月15日(水)、木村英樹教授が平成27年度科学技術分野の文部科学大臣賞 科学技術賞(理解増進部門)を受賞しました。関連ニュース

2015年4月1日(水)、文部科学省 地(知)の拠点整備事業の採択を受け、地域連携を推進する東海大学To-Collabo推進室長に、木村英樹教授が就任しました。

2015年3月11日(水)〜14日(土)、公益社団法人応用物理学会春期学術講演会が東海大学湘南キャンパスで開催されました。この中で、大学院生の関川陽さんは「ソーラーカーの表面圧力測定に基づく空力性能評価」、大西紘平さんは「熱音響機関のためのリニア発電機の設計および評価」という演題でそれぞれ成果発表を行いました。東海大学ソーラーカーが総合体育館内で展示されました。さらに、特別シンポジウム「かながわ発!スマートエネルギー革命」が開催され、木村英樹教授がイントロダクトリートークと総合討論に登場しました。

2015年3月7日(土)、東海大学高輪キャンパスを会場として日本太陽エネルギー学会・東海大学チャレンジセンター主催「電気自動車・燃料電池車・ソーラーカー製作講習会(東日本)」を開催しました。詳細や申し込みはコチラをご参照下さい。

  • 「講習会開催にあたって」 川越繁一(日本太陽エネルギー学会事務局長)
  • 「ソーラーカー,エコノムーブ基礎講座-設計から走らせ方まで」 池上敦哉(KYBモーターサイクルサスペンション)
  • 「WEM車両”ULTIMATE TESLA’14”の作製」 高橋道夫(ミツバ)
  • 「電動エコランカーの製作と各大会に向けた対応」 福澤智之(長野県飯田OIDE長姫高等学校)
  • 「WEM車両”MONO-F”の企画・設計」 山本晴彦(トヨタテクニカルディベロップメント)
  • 「ワールド・エコノ・ムーブのアイデア集8」 中村昭彦(first step AISIN AW)
  • 「EVカート製作とリチウムイオン電池の使い方」 木村英樹(東海大学)

2015年2月28日(土)、芦屋大学を会場として日本太陽エネルギー学会・芦屋大学主催「電気自動車・燃料電池車・ソーラーカー製作講習会(西日本)」を開催しました。詳細や申し込みはコチラをご参照下さい。

  • 「講習会開催にあたって」 盛谷 亨(芦屋大学)
  • 「ソーラーカー,エコノムーブ基礎講座-設計から走らせ方まで」 池上敦哉(KYBモーターサイクルサスペンション)
  • 「チャレンジクラス優勝を目指した紀北ソーラーカーの開発/和歌山大学ソーラーカープロジェクトの取り組み」 薮下能男(紀北工業高、和歌山大学)
  • 「汎用型4輪ソーラーカー“Horizon Z”の開発」 中村彰伸(名古屋工業大学ソーラーカー部)
  • 「小規模チームのEne-1 戦術の解説」 高橋一久、大野 貴(SBR)
  • 「EVカート製作とリチウムイオン電池の使い方」 木村英樹(東海大学)

2015年2月10日(火)、電気新聞の誌上で東海大学チャレンジセンターおよびソーラーカーの取り組みが特集されました。

2015年2月4日(水)、東海大学チャレンジセンターの2014年度プロジェクト活動最終報告会が開催されました。

2015年1月16日(金)〜19日(月)、UAEアラブ首長国連邦で開催される「Abu Dhabi Solar Challenge」に参戦しました。東海大学が支援したアブダビの石油大学は初参戦ながら2位に、東海大学チームはマシントラブルなどから7位となりました。
 

2015年1月15日(木)、三栄書房が発行するMotor Fan Illustrated Vol.100の中で、木村英樹教授が選考委員を務めたMFi TECHNOLOGY OF THE YEAR 2014が発表されました。

2014年12月17日(日)8:30頃〜、TOKYO FMの朝のニュースプログラム「クロノス」の中で、ソーラーカーのチリ大会について木村英樹教授が高橋万里恵さんからインタビューを受けました。

2014年12月13日(土)13:00〜15:30、文部科学省COC事業の取り組みとして「住民・行政・大学が協力し合う防災・減災・救援シンポジウム」が東海大学高輪キャンパスにおいて開催されます。木村英樹チャレンジセンター所長は開会の挨拶を行います。

2014年12月9日(火)、在日本チリ共和国大使館においてパトリシア・トーレス特命全権大使のお招きにより、カレラ・ソーラー・アタカマでの参戦報告を行うとともに、大使館スタッフ全員が参加する優勝祝賀会が開催されました。
 

2014年12月7日(日)10:00〜、東海大学付属翔洋高等学校・中学校を会場に開催される「ドリームサイエンス2014 in Shimizu」にソーラーカーを出展し、デモ走行を行いました。

2014年12月5日(金)11:45〜12:20、ホテル阪急インターナショナルで開催されるパナソニック「第3回ソーラーリーグキャンペーン」の中で、「ソーラーカーで実証された太陽電池HITの実力」というテーマで木村英樹教授が講演しました。

2014年12月5日(金)、東レ・カーボンマジック株式会社新工場竣工記念式典で、東海大学ソーラーカー「2011 Tokai Challenger」を展示しました。

2014年11月29日(土)14:00〜16:00、神奈川県大和市の「やまと市民大学」の講座、現代を知るコース『新時代の自然エネルギーを知る』というシリーズの中で、木村英樹教授が新エネルギーの中での太陽光発電について解説するとともに、「ソーラーカーレース」について講演しました。

2014年11月25日(火)14:00〜、「Carrera Solar Atacama 2014優勝報告会」が東海大学校友会館(霞ヶ関ビル35階)で開催され、吉田一也(東海大学副学長)、西貝宏伸所長(パナソニック株式会社ブランドコミュニケーション本部 宣伝・スポンサーシップグループ スポンサーシップイベント推進センター)、奥村勇吾部長(東レ株式会社 トレカ事業部門産業材料事業部)からの祝辞を受ける中で、木村英樹総監督(チャレンジセンター所長)、若林希リーダー(工学部機械工学科3年)が参戦報告を行いました。リリース書庫
 

2014年11月13日(木)〜17日(月)、チリ北部のアタカマ砂漠で開催される「Carrera Solar Atacama 2014」に4輪ソーラーカーTokai Challengerで参戦し、優勝しました。7カ国から26チームのエントリーが確認されていましたが、最終的には5カ国から20チームが出走しました。詳しくは、東海大学特設サイト東海大学ソーラーカーチームFacebookファンページTokai University Solar Car Team YouTubeチャネルなどで中継中。

2014年11月4日(火)、下村博文文部科学大臣と丹羽秀樹副大臣が東京・霞が関の文部科学省庁舎内広報スペースで行われている展示「世界最高峰のソーラーカー」(文部科学省と大学・研究機関等との共同企画広報【企画展示】)を視察しました。山田清志学長が大臣を訪問したことにあわせて訪れたもので、東海大学チャレンジセンター「ライトパワープロジェクト」ソーラーカーチームの志村峻征さん(工学部)と山下奈由美さん(文学部)が、2011年型「Tokai Challenger」のレプリカを前に、展示パネルを使いながらマシンの特徴やこれまでの活動を説明しました。

2014年10月30日(木)21:00〜21:30頃、TBSラジオが制作・放送する生ワイド番組「OLERA(オレーラ)」に木村英樹教授が生出演し、ソーラーカーのチリ大会参戦などについて語りました。番組の模様はPodcastで試聴できます。

2014年10月25日(土)13:20〜15:30、甲斐市敷島総合文化会館で開催される東海大学付属甲府高等学校PTA文化講演会で、木村英樹教授が「東海大学チャレンジセンターの活動とソーラーカーの取り組み」というテーマで講演を行いました。

2014年10月26日(日)、神奈川県立平塚工科高等学校の「平工祭」に東海大学ソーラーカー「2011 Tokai Challenger」を出展しました。

2014年10月23日(木)〜25日(土)、「ひらつか湘南テクノフェア2014」に東海大学ソーラーカーを出展しました。

2014年10月19日(日)、アラブ首長国連邦アブダビの石油大学に、東海大学ソーラーカーチームと共同開発されたソーラーカーが引き渡され、セレモニーが行われました。
 

2014年10月13日(月・祝)、東海大学菅生高等学校東海大学菅生高等学校中等部の2014年度開講記念式典において、同校の生徒および教職員を対象として「目標に挑む!東海大学ソーラーカーの取り組み」という演題で、木村英樹教授が講演を行いました。

2014年10月10日(金)、オマーン国のスルタンカブース大学のHE Dr. Ali Al Bimani学長と学長補佐で同国のHH Dr. Mona bint Fahad Al-Said妃殿下ら一行が、チャレンジセンターの木村英樹所長の案内で「ものつくり館」を訪ね、木村所長が総監督を務める同センター「ライトパワープロジェクト」ソーラーカーチームが開発したマシンの説明を受けました。

2014年9月27日(土)24:30〜25:00、TBSラジオが放送する番組「夢★夢Engine!」で「2014年度上半期未公開トーク特別公開」という企画が行われ、この中の一部で4月19日(土)に同番組に出演した木村英樹教授の未公開トークが取り上げられました。放送後の10月1日(水)からは「ポッドキャスト」ならびに「らじこん」という特設サイトにて、 無料配信されています。

2014年9月1日〜12月下旬、文部科学省のエントランスに東海大学ソーラーカー「2011 Tokai Challenger」(実寸大レプリカ)と説明パネルを展示しました。

一般社団法人日本太陽エネルギー学会編「太陽エネルギーがわかる本がオーム社より発行されました。この中で、木村英樹教授はChapter 6 ソーラーカーの執筆を担当しました。コチラで購入できます。

木村英樹著のくもんジュニアサイエンスシリーズ「ソーラーカーで未来を走る〜太陽がつくる自然エネルギーについて考えよう」という本がくもん出版から発行されました。書店などで購入できます。電子書籍版も登場。

東海大学チャレンジセンター編「オーストラリア縦断3000kmの挑戦〜世界最速のソーラーカー」が東海大学教育研究所より発行されました。

日本太陽エネルギー学会編「エコ電気自動車のしくみと製作」オーム社より発行。電気エコランカー、ソーラーカー、燃料電池車などの自作方法などの参考になる本です。執筆陣は、木村英樹(東海大)、池上敦哉(ヤマハ発動機)、鵜沢潔(東大)、澁谷秀樹(富士重工)、鹿野文久(小山高専)、籾井基之(本田技術研究所)、小原宏之(玉川大)。中国語版も登場しました。現在、絶版状態です。

バックナンバー
2014年のTopics
2013年のTopics
2012年のTopics
2011年のTopics
2010年のTopics
2009年のTopics

2008年のTopics
2007年のTopics
2006年のTopics
2005年のTopics
2004年のTopics

(更新日 2015年8月30日)

Support Wikipedia

東海大学 工学部 電気電子工学科 木村研究室
〒259-1292 神奈川県 平塚市 北金目 4-1-1
TEL: 0463-58-1211内線 2660, 4092 FAX: 0463-50-2472(チャレンジセンター代表)

東海大学 チャレンジセンター
〒259-1292 神奈川県 平塚市 北金目 4-1-1
TEL: 0463-50-2504直通、0463-58-1211内線 2660 FAX: 0463-50-2472

東海大学 To-Collabo推進室
〒259-1292 神奈川県 平塚市 北金目 4-1-1
TEL: 0463-50-2406直通、0463-58-1211内線 2030 FAX: 0463-50-2034