head_img
 初めて電気を学ぶ大学生のためのユニークな体験型の科学技術教育。専門技術の遊び心を引き出すことから。
   

電気エネルギーから家電機器まで電気系技術を総合

 皆さんが毎日電気を使うように、電気電子工学も家庭から産業にいたるまで身近な分野です。電気電子工学科では、「電気の明るい暮らし」を創造するための科学技術教育が産業界企業と協力しながら展開されています。太陽電池、燃料電池、電気自動車、オール電化住宅、ヒューマンインターフェース・ロボット、ケイタイ通信、ディジタル機器、医用診断機器、高性能モータ、モータ動力や家電機器のコントロール、半導体の機能活用などの電気系技術を総合的に学びます。また、経済産業省と総務省の認定学科として国家資格(電気主任技術者免許証、無線従事者免許証、電気通信主任技術者資格者証)育成も行われています。

電気系分野に共通した基礎科目の重視と組織的な教育

 電気電子工学科では、電気系技術に共通した基礎知識とその活用能力をしっかりと身に付けさせるために、理数科目を含む専門基礎科目は学生による授業評価の結果を受けて教員の組織的な授業改善が継続的に進められ、少人数クラスでの開講や、大学院生のサポートを受けながら理解を深める学習体制などが多く導入されています。
 まずは電気に慣れ親しみ,専門技術への関心を深めることを主に教授が展開し、次いで一人ひとりの長所や志向を発見しながらそれを伸ばす教授が大学4年次生まで継承されています。このような基礎知識とその活用能力をしっかりと身に付けさせるための科目は、机上学習に偏らず、電気系技術の基礎スキルが無理なく修得できるように工夫されています。
  
 カリキュラムを見る

1年次 体験型教育から引き出される興味と志向の発見

 専門分野の「遊び心」から、一人ひとりの志向と長所を発見して伸ばすことが展開されます。
 はじめて電気系技術を学ぶ人を対象に、一人ひとりの興味や志向を発見していく啓発的な授業として、専門知識のない人でも理解できるように、なるべくやさしく、以下の項目にある具体例を使って原理や仕組みなどが教授されます。
■ 電気をつくり安定に送る技術
  太陽電池、燃料電池、水力・火力・原子力発電、核融合発電、送電と配電
■ 家庭で利用されている電化製品
  照明機器、電磁調理器、ハイビジョンテレビ、冷蔵庫、エアコン、電子レンジ、電気温水器
■ 電波と通信技術を活用した情報機器
  衛星放送、カーナビ、携帯電話、電波、アンテナ、ラジオ、ディジタル放送
■ 電子技術を活用したマルチメディア
  半導体、CD、DVD、パソコン、ディジタルカメラ、光通信
■ 社会で進展されている先端技術
  電気自動車、電気鉄道、新交通ITS 、ホームセキュリティ、ICカード、ATM、CATV
  高学年に進むと、これらをデザインする基礎を学んだり、研究したりすることに継承されます。
 専門分野への創造力や企画力を身に付けるきっかけとなる少人数授業がスタートします。主な学習内容は次のようになります。
■ 初めて電気を学ぶ人を対象に電気の用語の理解を進めながら簡単な電気回路や電子回路の製作体験
■ 実験の仕方、データのとり方、データ処理の仕方、グラフの書き方、実験式の作り方を体得
■ コンピュータ利用による表計算とグラフ化などを含めたレポートの作成スキルの獲得
■ 好きな研究ができるように縦割り指導教員体制の下で「ものづくり」、「実験」、「調査」など

2年次 専門基礎能力を理解し応用技術への適応力を培う

 電気系技術の基礎を「理解する力」と原理をイメージできる「表現力」を身に付けることが展開されます。
 電気系技術を活用できるようにするための専門基礎能力が授けられます。ここでは、産業界の広い分野にわたって、電気系技術を中心とした実務的業務に従事できるために、専門細分化に偏らない実際的な応用技術が理解、吸収できるように専門基礎の活用アプローチを学びます。主な学習内容は次のようになります。
■ 電気に関わる基本的な現象の理解
■ 電気現象を利用した電気回路や電子回路の理解
■ 実験による専門基礎の体験的理解

3年次 専門志向を追求しながら活用力を培う

 応用力の高い専門コース科目を選択しながら、自身が活用できる「専門知識」と「デザイン力」を身に付けることが展開されます。
 専門分野の特徴から、卒業後に職業人としていろいろな形態で海外の企業等と仕事を共有して進めるケースが多くあります。その際、英語によるコミュニケーションのスキルアップが求められています。電気電子工学科では、一般的な英語教育に偏らず、専門技術者が活用する英語コミュニケーション能力に焦点をあてたキャリア教育が実施されています。具体的には、我が国の産業界において海外技術系企業を相手に従事された複数の実務専門家を講師に招聘し、これまでの英語教育の視点と異なる方法で基礎からの英語コミュニケーション・スキルが教授されています。
■ 電気に関わる基本的な現象の理解
■ 電気現象を利用した電気回路や電子回路の理解
■ 実験による専門基礎の体験的理解
 一人ひとりの専門志向を重視して次の3コースを体系化し、各コースに配置された基盤技術について共通した電気電子分野の基礎を総合的に学修します。ここでは、別ページに記載している「電気電子工学科の学びの分野」に見るように、多様な電気系技術のアプローチとその設計(=デザイン)スキルを体得します。
■ 電気機械コース
■ 電気通信コース
■ 電子機器コース
 各コースは履修の目安を誘導するものであって、自身の指向する専門科目に合わせて複数コースで学習できるように配慮されています。自身の志向を追求しながらそれぞれの専門知識とデザイン力が身に付けられます。
 「電気自動車技術」や「オール電化住宅技術」などのユニークな体験的理解と活用技術を実験により学びます。

4年次 研究活動から引き出される創造的思考能力を培う

 希望研究室を中心とした学生生活 が本格化します。
 研究課題の発見と解決に主体的に関与しながら、一人ひとりの研究課題に添って次の創造的思考スキルを体得します。
■ 探求能力
■ 解析能力
■ 応用開発能力
■ 表現能力
 卒業研究は、現代文明に対する正しい認識と理解の上に立ち、工学の基本的知識と高度な専門知識とをもって、工学分野における課題や技術者としての使命と社会との関係に対し、技術者として積極的、創造的に関与し、その能力を発揮して社会の発展に寄与する人材を育成する学部教育の最終段階にあります。在学中に国内や海外で開催される学会シンポジウムなどへ教員や大学院生と共に参加して研究発表を行うケースも少なくありません。
 大学卒業時に進路が決定していることは極めて重要なことです。電気電子工学科では、学科専任スタッフと教授団が企業等と直接交渉しながら、進路指導が行われています。就職活動では、学科OBやOGによる後輩思いも功を奏していることを嬉しく経験されることでしょう。


ページトップに戻る